ごめんまち駅(ありがとう駅) 下車すぐ!

〒783-0031 高知県南国市下野田60-1

TEL:088-864-6500

高知県 南国市 高知市 眼科 日帰り白内障手術 緑内障 翼状片 コンタクトレンズ

コンタクトレンズ

総手術
6798
白内障手術
5387

H27.11月末時点

MOBILE SITE

携帯サイトが
ご覧頂けます。

HOME»  コンタクトレンズ

コンタクトレンズトラブルについて

コンタクトレンズは眼表面(角膜、結膜)に直接触れる異物であるため、不適切な使用をすると思わぬ目のトラブルに悩まされる場合があり、注意が必要です。

コンタクトレンズトラブルの原因

  1. 長時間装用
  2. レンズの汚れ
  3. 定期検査が不十分
  4. ドライアイやアレルギー性結膜炎 など

コンタクトレンズトラブルによる病気

  1. 酸素不足や乾燥による角膜傷害
  2. 角膜感染症
  3. アレルギー反応による炎症 など

多くはレンズの中止や点眼薬の使用で改善しますが、失明に至るような重篤な場合もあるため、自己判断による安易な使用は厳禁です。

自覚症状がなくても、レンズが汚れていたり破損している場合もあります。快適なコンタクトレンズライフを送るために、また、自身の目の健康を守るためにも、眼科専門医の下での定期的な検診を受けるようにして下さい。

使い捨てコンタクト使用の注意

装用感が良く、ケアが比較的容易である使い捨てソフトコンタクトレンズの使用者は学生などの若年層を中心に急増しています。
使い捨てレンズは他のレンズと比べて清潔で、1枚が安価であり、アレルギー性結膜炎の方やスポーツをする方にも適しています。
しかし、その一方でコンタクトレンズによる目の障害の調査でも使い捨てレンズでの障害件数が急増しています。
これは、使い捨て期限を守らなかったり、消毒をせずに使用したり、捨てずに再使用したりすることが原因といわれています。

使い捨てコンタクトレンズを使用する際は、以下の点を守るようにして下さい。

  1. 使い捨て期間を厳守する
  2. レンズを着けたまま眠らない
  3. 正しいケアを行う
  4. 調子が良くても3ヶ月に1回は眼科で定期健診を受ける など

恐い角膜内皮障害

角膜は外側から上皮・実質・内皮の3層構造をしています。最も内側にある内皮には角膜の透明性を維持する役割を持つ細胞が集まっていますが、コンタクトレンズの誤った使用や汚れなどが原因で角膜への慢性的な酸素不足が生じると、自覚症状の全く無いままに細胞数が減少します。

限界を超えて減少すると角膜が濁り視力が低下しますが、内皮細胞は再生できないため、治療には角膜移植が必要となってしまいます。
角膜内皮を減らさないためには、(1)酸素透過性の高いレンズへ変更する (2)装用時間を短くする、などの対応とともに、定期検査で早期発見することが重要です。

PAGE TOP