ごめんまち駅(ありがとう駅) 下車すぐ!

〒783-0031 高知県南国市下野田60-1

TEL:088-864-6500

高知県 南国市 高知市 眼科 日帰り白内障手術 緑内障 翼状片 コンタクトレンズ

当院の手術ポリシー

総手術
6798
白内障手術
5387

H27.11月末時点

MOBILE SITE

携帯サイトが
ご覧頂けます。

HOME»  当院の手術ポリシー

正しい診断に基づく正しい適応

手術をする眼科医として、最も大切にしておくべき心構えだと思います。

いくら手術の技術に優れたテクニシャンであっても、診断と適応を誤れば、手術そのものは成功しても、患者さんにとっては、失敗と感じてしまうこともあり得ます。

本当に手術が必要な状態かどうかの見極めや、手術することでの利益が手術せずにおいた場合の患者さんの不利益を確実に上回ることができるのか、などの判断に迷った場合には、常に自分(家族)が患者なら、その手術を受けるかどうかを自問自答した上で、患者さんに正直に説明するようにしています。

患者さんに苦痛を与えないこと

「あまり痛くなかった」「少し恐かった」よりも「全然痛くなかった」「思ったよりも楽だった」を目指して。

どんな手術であっても、手術を受けるときに最も心配なことは「痛み」ではないかと思います。手術による苦痛には、手術操作そのものによる肉体的苦痛と、いつ終わるか分からない状態で、痛みが無いかどうか不安を感じながら、我慢しなければならない精神的苦痛があると思いますが、私が行う手術では、できる限りその両方の苦痛がなくなるようにしたいと考えています。

白内障手術で例えると、麻酔法としては点眼麻酔(簡便で出血も無いが、麻酔効果は弱く短時間)よりも、テノン嚢下麻酔(やや面倒で一時的に表面に出血するが、麻酔効果はより強く、持続時間も長い)を好みますし、手術中は、できるだけ患者さんに声かけをするようにしています。

「今全体の中のどのあたりをしているところ」とか「あと何分くらい」などの声をかけるだけでも、患者さんにとっては安心感が得られるのではないかと考えています。

結局は、自分がその手術を受けるなら、どうして欲しいか(麻酔法は何がいいか、手術中はどうしてもらったら不安が少なく安心できるか)を考え、その通りの方法を患者さんに提供することが自分の信じる最善の方法だと思っています。

家族に見守られる、不安の少ない、開かれた手術

手術を受ける患者さんの心理状態について、これまで詳しく勉強したことはありませんが、もし自分が何かの病気で手術を受けると想像した場合、たった1人で手術室へ運ばれて、見たことの無い閉鎖された空間の中で閉ざされ、体にメスを入れられる、となると、いくら大の大人であっても、異常なほどに緊張して、平静を保てなくなることは間違いないでしょう。

自分が患者なら、どうすれば少しでも不安がなくなるかと考えた結果、手術室をガラス張りにし、家族の方に手術を公開することで、患者さんにとっては家族に見守られているという安心感を持って頂き、また同時に家族の方にも手術内容をお見せすることで、隠しごとの無い、開かれた医療を実感して頂けるかと考えています。

安全第一、かつ最速の手術を(急がず慌てず、リラックスして手際よく)

航空機のパイロットやバスの運転手などが、スピード第一ではなく、安全・無事に客を目的地まで届けることを最大の使命としているのと同様に、当院の手術においても、無理や雑さの無い、安全第一の手術を鉄則とし、その中で可能な限り無駄を省き、手技を洗練させることで、結果としてより速い手術を目指しています。

十分な準備に基づく自信から、最善の結果を導き出す


白内障手術器械は、万が一の合併症 に対しても万全の硝子体手術兼用機を採用

手術を受けられる患者さんの多くは、最高・最善の結果を期待していると思いますが、手術である以上、手術前から100%の結果を保証することはできません。予測外の緊急事態が生じる可能性はどなたにでもあるわけです。

大切なことは、手術を行う我々が、どのような事態が生じても十分対応できる準備をしておくことであり、その事で生まれる自信が基礎となり、結果として安定した手術結果につながると思っています。

PAGE TOP